So-net無料ブログ作成
検索選択
カスタム検索

『トリック』完結編で鬼束ちひろ『月光』が再ブレイク!? [音楽]

『トリック劇場版 ラストステージ』が2014年1月11日に公開されます。今回は映画ですが、原点は2000年の深夜枠で放送されたテレビドラマです。当時、演出を担当した堤幸彦は『金田一少年の事件簿』(1995年)や『ケイゾク』(1999年)、『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)などの傑作ドラマを生み出していました。その一方で主演は今では考えられないくらい役者として冴えなかった仲間由紀恵と阿部寛(助演?)。まさに二人がブレイクするきっかけとなった記念碑的ドラマだったわけです。

このエンディングに使用されていたのが鬼束ちひろの『月光』(初アルバム『インソムニア』に収録)。今では奇行が話題になっている人ですが、当時は独特の世界観が世の中に漂う雰囲気と合って広く受け入れられました。そして、この曲が映画で復活することになったのです。

当然、人気者の主演映画なのでメディアの露出は相当なものになるはず。気になるのは鬼束ちひろの扱いです。言動が過激なため生放送は危険。テレビ局にとっておいしいのはワイドショーでしょうが、彼女がVTR出演ですら拒否しそうな気がします。ネットを中心に展開していくのかなあ...。まあ、何はともあれ鬼束ちひろの原点、『月光』は素晴らしい曲ですよ。


インソムニア

インソムニア

  • アーティスト: 鬼束ちひろ,羽毛田丈史,土屋望
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/03/07
  • メディア: CD


(関連記事)
鬼束ちひろのいきっぷりが面白い
『ウォールフラワー』はエマ・ワトソンの代表作になるかも
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)  共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。