So-net無料ブログ作成
検索選択
カスタム検索

恋の切なさを見事に表現、ボア『Only One』 [音楽]



ボア(BoA)の新曲、『Only One』が2月27日にリリースされました。相変わらず、彼女が歌うバラードは心に響きますね。

ちょっとケチをつければ、ブランディ&モニカの『ザ・ボーイ・イズ・マイン』(1998)に似ています。でも、ちゃんと彼女のフィルターを通し、曲が自分のものになっています。

何と作詞・作曲はボア自身。さらに、ミュージックビデオが秀逸です。しっとりと歌うだけならちょっといい曲で終わるところを、激しいダンスを交えてさらに深い世界観を表現しているのです。これがいまや26歳になったアーティストキャリアが成せる技なのでしょう。

そして、思います。いい曲は常に生まれてきますが、ボアに対する感情は「恋」に似て特別なものであると。とにかく切ない。彼女、曲の世界観同様に、本当に失恋したんじゃないですかね。そんなリアリティが感じられます。サカナクションもいいけれど、ボアの曲は体中に染み入る感じ...。


Only One

Only One

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: CD


(関連記事)
大滝詠一が死去するも、なぜか思い出すのは竹内まりや
世界レベルの演出、きゃりーぱみゅぱみゅ「au」CM
Mステ見てないけど、凛として時雨の 『abnormalize』 っていいね
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。