So-net無料ブログ作成
検索選択
カスタム検索

視聴率『ごくせん』、作品賞『CHANGE』、主演女優賞は上野樹里 [テレビドラマ]

木村拓哉主演の『CHANGE』が最終回を迎え、これで2008年4~6月のドラマがすべて終了しました。ドラマとしては異例の長回し(カメラを固定して撮影)を取り入れて、意外性のある演出を試みたものの、平均視聴率は僅差で『ごくせん』に敗れました。以下、トップ5です。

『ごくせん』→22.8%
『CHANGE』→22.1%
『ラスト・フレンズ』→17.7%
『ROOKIES』→15.0%
Around40』→14.7%

ということで、視聴率については簡単に終わりにして、ここでは内容についてまとめておきましょう。各誌(紙)が発表する前に、一足お先に独断と偏見で選ぶ主要部門賞の発表です!!

080716視聴率ごくせん作品賞CHANGE主演女優賞上野樹里.JPG

作品賞:『CHANGE』
演出賞(監督賞):加藤裕将、西坂瑞城(『ラスト・フレンズ』)
オリジナル脚本賞:福田靖(『CHANGE』)
脚色賞:阿相クミコ、浜田秀哉、丸茂周、秦建日子(『ホカベン』)
主演男優賞:木村拓哉(『CHANGE』)
主演女優賞:上野樹里(『ラスト・フレンズ』)
助演男優賞:阿部寛(『CHANGE』)
助演女優賞:戸田菜穂(『ホカベン』)

作品賞は平均的にクオリティが高かった『CHANGE』。最終回は実に爽やかでした。演出賞は緊張感を持続させ、最終回一つ前の10回目までは傑作だった『ラスト・フレンズ』の二人。脚色賞は内容の高さを重視して『ホカベン』チーム。主演男優賞はほぼ『ラスト・フレンズ』の瑛太と決めていましたが、最終回で逆転、スケールの大きさでやっぱり木村拓哉。主演女優賞は実力派・深津絵里に圧倒的に差をつける部分がなかったため、同レベルなら若手をとって上野樹里。助演男優賞は「助演」に徹しながらも個性的なキャラクターを見事に演じた阿部寛。助演女優賞は主演の上戸彩をしっかりとサポートし、地味ながら存在感と渋さが光った戸田菜穂となりました。

皆さんはいかがでしたか?

(関連記事)
『ごくせん』ヤンクミぶっちぎり!!
キムタク『CHANGE』心配無用、視聴率など関係なし
『ラスト・フレンズ』上野樹里のラスト
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)  共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。